2005年10月05日

1円在庫処分してるせどりさんの出品

ランキング
あまりに下がってるのでチェックしてないですw
ワンクリックご協力お願いします。

価格調整をしていたら、在庫処分のため全品1円で出品しているせどりさんを発見しました。
もしかしたら掘り出し物が電脳せどり出来るかも知れ無いと思いセラーIDを調べて、
全部の出品をチェックしてみました。

そしたらあまりの価格の酷さに愕然としました。
確かにあの在庫状況だとせどりを辞めたくなるのもわかります。
親交のあるせどりさんじゃないのでどのような思想で在庫を集めてたかは分かりませんが、
どうやらビジネス書メインでやってた方のようです。

ビジネス書は一番せどり易いジャンルですのでその分リスキーですよね。
価格下落が一番激しい分野だと思います。
新規参入組みは特にビジネス書分野でしのぎを削っていることが多そうです。

その方の在庫を眺めて思ったのはせどり人口がどんどん増えて来ているという現実です。
新規参入してきた人たちはやる気のある人たちは別として、
なんとなく儲かるかもと参入してきた人たちはどんどん淘汰されていくのではないかと思います。
せどり界も勝ち組みと負け組みのような階級社会がやってくるかもしれません。
せどりもその他の商売と一緒で先行逃げ切り型のビジネスに変化してきているようです。

ノウハウを蓄積した先行者wたちが単価が本を独占して後から参入した人たちは
薄利多売本を抱えて茫然とするようなイメージです。
結局値段が下落するのは薄利多売本がメインですので
薄利多売に特化した先行者の人たちは利益が出るけど、
後から参入した人たちは殆ど儲けを出すことも無く撤退していくのではないでしょうか?

ちなみにうちはかなり負け組みくさいですorz
在庫自体の内容自体は改善されて来ていますがいかんせん利益が薄いです。
完全に負け組みに転落しないようにがんばりたいと思います。

たままはブログ王になる!!ブログ王ランキング!!
posted by たまま at 21:54| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | せどり関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1円で投売りするより、イーブックオフにまわした方が時間もコストも節約できると思うんですけどね。
出品数がいくつか分かりませんが、送料差益出ても梱包の時間考えたらやってられないですよ。
Posted by 水月 at 2005年10月06日 00:11
メール便で110円均一契約取れればそれなりに利益は上がるかなぁと思います。
1冊売るたびにジュース1本買えるくらいの利益ですがw
ちりも積もれば山なので大手の業者ならそれだけでも結構儲かる気がします。
それと梱包も1円出品の人たちの梱包と我々がやってる梱包を同じく語れないかもしれません。

電脳せどりをすると封筒に直接本を入れてまったく拭きもせずに送ってくる出品者もいますのでその方法ならかなりの数をさばけると思います。

最近考えているネタの一つに薄利多売用のアカウントと高額商品用のアカウントを分けて出品するというアイディアがあります。

薄利多売アカウントで売る場合は徹底的に梱包名出品に手を抜いてとにかく数を裁くためのアカウントとして使います。

逆にもう一つのアカウントは高額商品に特化したアカウントでとにかく評価を重視して効率的に高額商品を売るというスタンスのアカウントです。

アカウントを分けることによって評価のリスクを減らしつつ薄利多売、単価重視どちらのポジションにも自分を置けるという状態を目指します。

在庫の管理もこの方法で少しは楽になると思います薄利多売アカウントでは有無を言わさず全て最安値出品をしてしまいます。

逆に高額アカウントのほうではコメント,評価,に細心の注意を図りつつ高額商品を売りさばくという感じです。

上手く良くかは分かりませんが戦略としてはありかなぁと思っております。
Posted by たまま at 2005年10月06日 03:51
>業者契約と手抜き梱包の組み合わせ
なるほど。
となると1件につき40円ほどの利益(仕入105円として)が出ますね。
BOの査定が1冊40円以下ならこちらの方が計算上お得だと思います。

そしてこれをやる上での評価防衛の方策として

>薄利多売用のアカウントと高額商品用のアカウントを分けて出品

というのは必要になってくるでしょう。
ただ、アマゾンは重複ID登録を禁止しています。
実は僕もこの方法を過去にとっていました。
そしたら月末の振込みの段になってアマゾンから連絡が来て、片方のIDを削除するように言われたんですよ。
違うクレジットカードを使って登録しても駄目なようで、アマゾンはどうあっても一人一IDしか許さない姿勢を感じさせてきました。

納得できない部分が多かったのですが、しぶしぶ別IDを削除しました。

アイディア自体は良いと思うので、なんとかしてこの問題をクリアしたいですね。
Posted by 水月 at 2005年10月06日 11:56
なるほど水月さんが一歩先を行っていますねw

一つの方法として法人名義のクレジットカードを作りそれでアカウントを作るという方法が出来るかもしれません。

ただ法人の住所と現住所が一緒だとばれる可能性が高いので、
法人の住所を別の住所で登録するなどの小細工が必要かもしれません。

別の住所先として考えられるのは私書箱サービス,倉庫としての別宅などですかね。

もっと簡単な方法は彼女や奥さんがクレジットカードを持っていればそちらでアカウントを作ることですね。

現在彼女がいないのでボツですがorz
彼女の場合だとお金の管理が煩雑になりそうなのがネックですね。
やっぱり奥さんと二人三脚でせどりするのが王道なのかもしれませんねー。
Posted by たまま at 2005年10月06日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。