2005年10月07日

復活の日

ランキング
あまりに下がってるのでチェックしてないですw
ワンクリックご協力お願いします。

昨夜ガシガシと発送準備をしてると夜中に角川映画の"復活の日"が始まったので手を動かしつつボーっと見てしまいました。

主演の草刈正雄が若いw
そして何気にカッコイイ。イケメソ俳優だったのですね昔は。
最近はなんかギャグキャラみたいなイメージしかなかったけど。
夜中にやってたドラマのケータイ刑事銭型なんとかっていう
女子高生がなぜか刑事のドラマの相棒役では完全にギャグキャラだった。
今の俳優で言うと真田広之とかそんな感じ。

ストーリー自体は良くありがちなパニックムービーでしたが、
ハリウッド映画だと無駄に音楽で盛り上げて感動させようとするところを
日本映画らしく良い意味でウェット、ジメジメした雰囲気が表現されていたのではないかと思う
ハリウッド映画ならラストはハッピーエンドですが日本映画らしく
イヤーな後味の悪さが中々いいです。

80年代初期の映画なのでCGなどは全然使われていませんがその分金が掛かってます。
原子力潜水艦は本物の潜水艦(チリ海軍の最新鋭ディーゼル艦だったらしい)が使われているそうです。
南極ロケも金が掛かってそう。
昔は日本も映画に金が掛けられたんですねー。
ただ最後のミサイル発射の管制室のセットが一寸特撮(ゴジラとかに出て来そうw)くさいw
もう一寸リアリティのあるつくりなら良かったのに。
核爆発の映像も基本的にニュース映画などから引っ張ってきた映像でした。
CG全盛の映画ばっかり見てると逆にこういうのも新鮮でいいですねー。

深作欣二の映画をちゃんと見たのは初めて(だと思う)ので今度はバトルロワイヤルとかも見てみようかと思います。
って思っていたら"里見八犬伝""蒲田行進曲"は見たことありました。
これって深作監督だったんですねー。





たままはブログ王になる!!ブログ王ランキング!!
posted by たまま at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

懸賞
Excerpt: 懸賞
Weblog: 懸賞
Tracked: 2005-11-01 17:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。